BLOG

日本人にとってのお金(その2)

日本人にとってのお金(その2)

貯金好きな日本人

 皆さんこんにちは!

 今回は、日本人がなぜ貯金が好きなのか?についてお話していきたいと思います。

 皆さんはまだ小さい時に、お父さんやお母さんから「無駄遣いしないでちゃんと貯金しなさい」って言われたことはありませんか?
 確かにお金を貯めることはとっても大事ですし、無駄遣いすることはよくないですよね。でも、なぜ現金をタンスにため込むのではなく郵便局(ゆうちょ銀行)や銀行に預けるのでしょうか?
「それは、泥棒に入られてお金をとられないようにだよ」というのはもっともな意見ですが、あなたはそれだけの理由で大切なお金(ほぼ全財産)を赤の他人に預けているんですか?違いますよね。
 大切なお金を金融機関に預けられているのは、その金融機関がお金を預けるに足る信用が有ったり、何かあった時に保証をしてくれたり、預けていたら利息が付くというあなたにとってメリットがあるからではないでしょうか。

 ですが、実際多くの日本人にこの話を聞くと、ほとんどの人の考えは違っていました。
 日本人が貯金をする多くの理由は、「親に貯金するように言われたから」に始まり、「貯金をしておけば大丈夫」とか「貯金しないと老後が苦しくなるから」などなど、貯金することはいいことなんですが、なぜ貯金という手段を選んでいるかについては非常に盲目的になっていたんです。

 皆さんはどうですか?あなたはなぜ貯金という手段を選んでいるんでしょうか?一度よく考えてみてください。

日本人が貯金好きの理由

 世界的に見ても、日本人は他国に比べて投資よりも貯金をする人が多いという特徴があります。
 最近では、株やFX、仮想通貨や投資信託、オフショア積立などなど、投資をやっている人は増えてきていますが、それでもまだまだ少数派です。貯金以外にやっていると言えば、貯蓄性のある保険ぐらいのものではないでしょうか。

 ですが、時代をさかのぼってみると、江戸時代には貯金の習慣はなかったんです。「宵越しの金は持たねえ」とはよく言ったもので、民衆の間ではむしろ投資が盛んだったと言われています。

 それが明治時代に入ると、日本は外国との戦争をするようになります。戦争に必要な莫大な資金を調達するために、政府は国民に貯金をさせ、そのお金を使って武器を作ることにしたんですね。
 そして戦後の高度経済成長のときも、政府は国民に貯金を呼びかけ、ダムの建設や道路の整備、企業への融資などを行って経済を発展させてきました。
 その流れの中で、郵便局に貯金をしていれば預けているだけでお金が増える、10年経てば倍になるという高金利が存在していたのです。

 このことから、国の政策の中で日本人が貯金をするようになったことや、今では考えられないような高金利で預けたお金が増えていたということがあったので、日本人は貯金をすることが好きになっていったんですね。そして、日本人は非常にまじめで勤勉な気質を持っていますので、この貯金というシステムがとてもなじみやすかったのではないかと感じます。

 今回はここまで。次回は、「これからの時代、貯金だけで生き残っていけるのか」についてお話をしていきたいと思います。
 では、また次回をお楽しみに♪


『アシスタント』