BLOG

日本人にとってのお金(その6)

日本人にとってのお金(その6)

千里の道も一歩から(まずは、守りを固めましょう)

 皆さんこんにちは!

 これまでちょっと怖いタイトルが続いていたところですが、このへんで解決のための方向性をひとまずお伝えしたいと思います。

 「千里の道も一歩から」という言葉があるように、お金を増やす、資産を大きくするためにはまず何かを始めることが大事です。お金持ちになるということは決して簡単な事ではありません。格差社会と言われる現代では、お金持ちはよりお金持ちに、貧しい人はより貧しくなってしまい、増やそうにも今の生活で手いっぱいの人がたくさんいるんです。

 ただ、何もしなければ状況は変わりません。良くも悪くも今の状況を変化させなければ、あなたの人生は今歩いている道の延長線でしかないのですから、早く成果を得たいなら早く始めるしかないんです。時間は誰にとっても有限なものですから。
 では、いったい何から始めたいいのかというと、「まずは、守りを固めること」なんですよね。

 私たちは、情報が不足していたり普段あまり気にしていないせいで、余計なお金をたくさん使っています。保険や税金、ローンや衝動買い、ちょっと買っておこう、ついでだからといろんな物を買っていませんか?
 守りが甘く、本来出ていく必要のないお金が垂れ流されていると、どれだけ収入が増えても、どれだけ資産運用でお金を増やしても、十分なお金を貯めることはできません。
 だから、まずは守りをしっかり固める必要があるんです。つまりそれは、「節約すること、貯めること」なんです。

 「なんだ、そんなことか、知ってるよそんなこと」と思ったあなたは、残念ながらお金持ちにはなれません。知ってるだけじゃ意味がない、できてないからお金が増えない、そうですよね?
 無駄に出ていくお金を止めるだけで貯金は増えます。そして、資産運用に回す資金にもなるんです。このブログを読んでいる間にも時間はどんどん過ぎていっています。いろんな資産運用の方法を知る前に今すぐできること、「節約」をまず始めてください。

お金に働かせるという意識

 皆さんは、もっとお金が欲しいと思った時に考えられる方法は何がありますか?

 多くの人が口癖のように言うのが、「宝くじあたったらなぁ」ですよね。
 これ、実は当たってもほとんどの人が資産を今より減らしてしまうという結果が出ているので、資産運用の観点からすると論外です。

 では、他に何があるかというと、仕事終わりにバイトするなどの労働手段を増やすことではないでしょうか。
 この方法はいい面もあれば悪い面もある。つまりリスクの高い方法なんです。

 資産運用をするためには、それに回すためのお金が必要です。今の収入ではお金が回せないという人は、節約して少しずつでもお金を貯めることが第一歩というお話をしましたが、さらに収入源を増やして運用に回すことができればより早く資産を増やすことができます。ただ、ここで注意しなくてはいけないのは、長期間この状況を続けると逆にマイナスの要素が増えてくるということです。体は一つしかありませんし、一日の中で寝る時間、食事をする時間を削ることは健康を害する可能性を高めてしまいます。

 そこで、働いてもらうのが「お金」なんです。

 お金が働く?と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、これは多くの方が経験していることです。今となっては微々たるものですが、預金につく利息を思い出してください。お金をただ預けているだけで時間がたてば増えている。これってお金が勝手に働いてお金を増やしてくれたと言えませんか。高級時計を買ったら後々値段が上がって、それを売ったら儲けが出た。これも使ったお金が働いて、お金を増やしてくれたと言えますよね。つまり、お金をどこに置いておくか、何にお金をかけるかによって、より多くのお金が自分の手元に帰ってくることをお金に働かせると言うのです。

 これは、普段からお金を使うときにぜひ意識してください。欲しいものばかり買ってきた、これまでの人生を大きく変える一つの手段になるでしょう。節約と合わせて、いかにお金に働かせるかという考え方を持っていただきたいと思います。


今回はここまで。ほんとに知れば知るほど、学ぶべきことはたくさんでてきますね。
 
では、また次回をお楽しみに♪


『アシスタント』