BLOG

成功者をどう見ていますか?

成功者をどう見ていますか?

成功する人は成功している人を賞賛できる!

Ⅰ お金に縁のない人は、他人の喜びを良く思わない人が多い

皆さんは他人が何かいい事があった時、特にお金で成功したという話を聞いてどう感じていますでしょうか?

一般的に、成功者になる人は人の成功を心から喜ぶことが出来ます。
逆に、他人の成功にたいして『やきもちをやく・ねたみ・恨み』を持つ傾向にある人はお金持ちになっていない。というデータがあります。

本日はそんなお話です。

成功した人に対して、『運が良いだけだ!』とか『金持ちだからって偉そうに…。』と思う事があり、非常に鬱屈した思いになるのは
お金持ちを悪人と捉えて、自分は善人でいたい。と思うからです。

でも、これでは『決してお金持ちにはなれない』考え方なのです。

何故かというと、自分が嫌悪するものに人は慣れないからなのです!

お金持ちを見るとなぜか見下したり、バカにしたり、まるでその人が彼らを貧乏に追い込んだと信じているようです。
お金持ちが自分からお金を持っていったから自分には何もないんだ!という被害妄想になるんです。

世の中でよくある事例をお話すると、
お金に恵まれない時期に、ボロ車に乗っていると高速道路など運転中に邪魔されることもなく、誰でも快く進路を譲ってくれます。
しかし、これがピカピカの高級車に乗るようになると状況が変わります。突然前に割り込んでくる車が増えてくる!
こんな話を聞く事があります。

要するに理由は『高級車だから!』だけなのです。

コンビニで車を停めているときに傷をつけられる車はボロ車と高級車ならどちらの方が多いでしょうか。
日本では、あまり起こらない事例なのでピンと来ない方も多いかと思いますが、海外では圧倒的に高級車が傷付けられます!

傷付けられた高級車を修理に出す間、代車の高級ではないセダン車に乗っているとピタッと何も起こらなくなります。


人に被害を与える悪い人が、貧しい人に多くなるメカニズムはここにあるのかもしれませんね。
金持ちを恨んでいる人というのは世界に存在する!という事です。

Ⅱ お金持ちは偉そうにしているものなのか?

貧しい人が勝手に作り上げているお金持ちの人の人物像は果たして本当なのでしょうか。
本当のお金持ちの方は、『見た目でわからない。』というのが私の持論でもあります。

隣人の見た目が普通のおじさんと毎日のように挨拶をしているが、実はその方が1億円以上の資産を持っている人かもしれません。
イメージではお金持ちは強欲で悪人、精神的に豊かな人はいない!と言われ続けていますが、実はそうじゃないんです。

誰しもお高くとまった金持とはあまり交際しないようにしよう!と感じると思いますが、本当のお金持ちの人はギバー(与える人)なんです。
もっと言うと、無意識で与える事が出来る人です。

近くに引っ越ししてきた人には、周辺の情報や必要な事を話してくれる、または会話の中から共通の趣味を見つけては誘ってくれる、そして新しい友達や仲間すら増やしてくれるのです。
そして、彼らにはもうひとつの共通点があります。巨額の寄付をしている事です!チャリティ活動や寄付、そしてボランティア活動には率先して参加している事。

でも、彼らはそれが当たり前だと考えているので人には話しません。

中には本業でお医者さんをされている方が、毎週水曜日は無料で治療する、などのチャリティ活動をされている方も多くいらっしゃいます。

お金持ちが悪人!だという考え方はある意味、自分の無知をさらけ出してしまっているのかもしれませんね。

答えは
自分の望むものを持っている人を心から喜ぶ事が出来る事!これが重要です!
自分の望むべきものを祝福しましょう。

この記事を書いたのは

『メイン講師:キタニイこと木谷悠平です!』

ミリオネアマインドアカデミーでは人生を変えるレベルの学びが沢山ございます!
メイン講師として皆様のお役に立ちたい!という想いで、楽しく講義させていただいています。
私のモットーは楽しく学ぶ!

是非、皆様とお会い出来る事を楽しみにしています。