BLOG

“固定給”より”成果給” サラリーマンより独立

“固定給”より”成果給” サラリーマンより独立

ほとんどのサラリーマンが自分に見合った報酬をもらっていないと嘆いている。

Ⅰ 多くのサラリーマンの考え方

世の中の多くのサラリーマンは自分の仕事に対して、『自分が納得いくほどの報酬をもらっていない。』と思っている。
または、『どうしてわかってくれない?』と嘆いている事が多い。

しかし、多くの雇い主は十分なお給料を払っているつもりでいる。

そんなサラリーマンの方には、この質問をしてみる。

【どうして、固定給から成果給にしてくれ!と頼まないのですか?
そうすれば、自分がどれだけ稼いでいるかすぐにかわるんじゃないですか?】

しかし、ほとんどの方はこのアドバイスでは不満が解消されることはない。
答えは、本当の自分の市場価値を明確にする事は彼らにとって、恐怖以外の何ものでもないようです。

自分の仕事に見合った報酬を受ける事に対する恐怖心は、過去の本人のプログラミングを書き換える事に対する恐怖心と同じなんです。

要するに
●「安定した収入」という考え方から抜け出せない人は、ずっとそれが『正常な』報酬の受け取り方だと教え込まれてきたのです。

例えば、親は子供が安定した暮らしを送れるように願うものだから、収入が不安定な仕事をしていると、
『いったい、いつになったらまともに働くつもり?』と聞いてきます。

親によっては、安定を押し付けてしまう事例も沢山あります。
でもこう教える親だったらどうでしょうか。
『それはお前の為になる!就職して、給料をもらっていては金持にはなれない!就職するなら歩合制の仕事にしろ!そうじゃなければ独立する事だ!』

この教え方が日本人には足りないのです。これまでの時代なら会社が守ってくれる時代でした。
会社に入って我慢さえしていれば、年数と共に出世をして給料も上がっていき、確実に退職金も出ていました。

しかし、時代の変化は皆さんも感じているのではないでしょうか。
欧米ジョブ型がスタンダードに変わってきており、終身雇用なんて言葉はおとぎ話のようになってきました。

まさにVUCAの時代ですね。

ここでは『独立する』事をお勧めします。自分で会社をつくるか、歩合制や利益の何パーセントという形で報酬を受け取るのか、
ストックオプションや利益分配制度を利用する事なのです!

どんな形でもいいので、仕事の成果に応じて報酬を氏家取れるような環境を作ってほしいと思います!

Ⅱ 金持はビジネスオーナーがほとんど

これからの時代に全ての人が独立して働く時代になっていくべきだと思っています。
大金持ちのほとんどは会社を作り、富を得ています。
それに、税務署にがっつりと収入を握られていたのでは、富を築く事はほぼ不可能です。

自分の会社をつくれば自動車や家賃、旅費などを経費に計上できる。そのことだけでも、会社を作る価値がある。
自分で何も思いつかないのなら、他人のアイデアを拝借することも出来る。

最初は委託型販売が良い。セールスが出来る事は全てに立つし、最も割りの良い仕事のひとつになる。
これだけでも、一資産を築く事もできるかもしれない。

フランチャイズでの独立もやり方の一つである。
世の中に色々なフランチャイズがあり、すぐにでも開業できるように商品とシステムが取り揃えられている。わずかな資金さえあれば、会社を作る為の煩雑な手続きなしに、代理店として自営業のメリットを享受する事が出来ます。

これが、ピンとくるようなら、フランチャイズは金持ちへの突破口になるのかもしれません。

但し、フランチャイズにはそれなりの努力が必要になってくる。研修を受ける必要がある。成功するには時間と労力がかかる。
しかし、上手くいけば月収200万円~500万円になる事も珍しくない!

代理店契約を結べば、節税も出来るし、、商品が気に入れば、売り込みにも力が入る。商売が軌道に乗ってかなりの収入に結び付く事も可能になる。

もう一つは、『外注』で仕事をすることである。
今、パラレルキャリアという言葉が世の中を賑わしているのをご存じでしょうか。
会社が認めてくれれば、社員としてやっていた仕事をあなた個人、あるいはあなたの会社に『外注』してもらえる。サラリーマンではなく企業家として節税出来る状況さえ作れるわけです。

取引先が増えれば、人を雇って仕事を任せ、ゆくゆくは経営に専念する事も出来るでしょう。

会社によっては、認めてもらえないと思う会社もあるでしょうが、この先時代の変化はますます加速していく為、絶対そうとは限らない。実は会社も従業員を雇っておくことで膨大な人件費がかかる。外部に委託すれば、会社は人件費を抑える事がメリットになる。もちろん、今まで通り従業員としての給付きにゃ手当を受け取る事は出来なくなる。しかし、節税したお金で自分に合った保険や年金などを用意すればいいのです。

本当の自分の価値に見合った報酬を受け取るには、歩合制を選ぶべきです。

就職して、給料をもらっていたのでは金持ちにはなれない。就職するなら歩合制の仕事を選ぶべき