日本人にとってのお金(その6)